みらいが行く! #05

手に汗にぎる接戦と、チームワークに感動!
「渋谷区長杯第2回ウィルチェアーラグビー大会」

2018.10.20

こんにちは、渋谷みらいです。
10月20日、どようび、てんきは晴れのち雨。
今日はパパといっしょに「渋谷区長杯第2回ウィルチェアーラグビー大会」の
おうえんに行ってきました。
「ウィルチェアー」っていうのは車いすのことで、
2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技にも選ばれているスポーツなんです。
会場の青山学院大学といえばスポーツきょうごう校ですけど、ぼくはラグビーかんせんも大学もはじめてだったので、こーふんしてキョロキョロしちゃいました!
こんかいはスポーツキャスターになったつもりでプレイバックしますね。

ウィルチェアーラグビーとは?

ウィルチェアーラグビーは、四肢麻痺者等(頸髄損傷や四肢の切断、脳性まひ等で四肢に障害を持つ者)が、チームスポーツを行う機会を得るために1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及している車椅子による国際的なスポーツです。当初はその競技の激しさから"マーダーボール(MURDERBALL〈殺人球技〉)"と呼ばれていた歴史を持っています。1996年のアトランタパラリンピック大会にデモンストレーション競技として初登場し、2000年のシドニーパラリンピック大会から正式競技となりました。

ボールのある場所いがいにもあついドラマがある!

会場は前回の東京オリンピックでも使われたせいち!

表参道のハンバーガー屋さんでパパとランチしたあと、歩いて会場の青山学院記念館へ。
前回の東京オリンピックが開催された1964年につくられた建物なんですけど、
ぼくがふだん通ってる小学校の体育館にくらべるとスケールが超でっかくて、大学ってすごいんだなーと思いました。
おとなりサンデーでバスケをおしえてくれた「サンロッカーズ渋谷」も、ふだんはホームとして試合に使ってるみたいですよ。

大会はあさ9時台からスタートしていて、ぼくたちが2階席にすわるとちょうど第3試合がはじまりました。
千葉県のチーム「RIZE CHIBA」と、東京うまれ渋谷そだちなぼくの推しメン「BLITZ」のたたかいです。
試合中はゲストの池崎大輔選手(ウィルチェアーラグビー世界選手権金メダリストなんだって!)のリアルタイムかいせつもあって、ルールをぜんぜん知らないぼくにもすごくわかりやすかったです。
ふむふむ、男の人も女の人もいっしょにチームを組むんですね〜。

マンガみたいなしょーげき音にびっくり

ウィルチェアーラグビーの試合は4対4で行われ、8分間のピリオドを4回たたかいます。
試合で使う車いすは「ラグ車」ってよばれて、小回りがきく「攻撃型」と、
相手の動きを止めるためにバンパーが突き出した「守備型」の2しゅるいがあるんですけど、
ボールをうばいに行くときのタックルの音が「ガシャーン!」ってひびいて、マンガみたいにすっっごい迫力なんですよ!
写真ではつたわらないのがざんねんです。

ひろい体育館をスイスイ~ってターンするハンドルさばき(?)にもおどろいたんですが、
いちばん感動したのがパンクしたタイヤをそっこーで交換してくれるメカニックスタッフのチームワークでした。
ブルーシートにずらっと並んだタイヤを手入れする姿には、前にテレビで見たF1のピットを思い出したり。
ボールのある場所いがいにもドラマがあるんだな〜。

推しメンの「BLITZ」は負けちゃったけど、試合のあとは各チームの選手とスタッフがすれ違いながら全員とハイタッチ!
パパも「大接戦だったな〜」ってつぶやいてたし、ほんとうに最後までハラハラしっぱなしでした。
選手もさっきまでの本気モードとは違って、みんなおだやかな表情だったのがいんしょう的です。

AIも手に汗にぎる?さいしゅうけっせん!

試合中は國學院大學のねっけつ応援団とチアリーダーがかんきゃく席をもりあげてましたが、
決勝戦の前には世界選手権でもかつやくした池崎選手たちの優勝報告トークショー・セレモニーも。
「渋谷区長杯」というだけあって、スピーチを任された長谷部区長さんは
2020年東京オリンピック・パラリンピックへのあつい思いを語っていましたよ。

そして、埼玉の「AXE」と「RIZE CHIBA」の決勝戦。次々ときまるトライやタックルには、ぼくもしょり速度が追いつかないほどでした!
優勝したAXEのプレーを見て思ったのは、ウィルチェアーラグビーってチームワークはもちろん、
すごく「せんじゅつ」がだいじなんだなって。これが世界レベルか〜って、パパもぼくも最後まで大こーふんでした。
こーいうのを「手に汗にぎる」っていうんですかね?

そうそう、「第2回渋谷盆踊り大会」でファンになった「Brilliant☆Mermaid」のハーフタイムショーもカッコ良かったなあ。
スポーツって、やるほうも応援するほうも全力100ぱーせんと。いつもはくーるなぼくもついつい大声を出しちゃいました。

へんしゅうこーき

パラリンピックの競技ってまだまだ知らないひとも多いみたいですけど、2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて、いろんな企業やメディアがさぽーとをはじめてるんだって。
それに渋谷区では、国立代々木競技場がウィルチェアーラグビーやバドミントンの競技会場にきまってますし、東京体育館も卓球の会場にえらばれています。 競技もルールも知らないことばかりだし、ぼくもLINEをつかっておもしろさを広めていきたいなあ。スポーツって、やっぱりテレビで見るのと生で見るのとでは迫力がぜんぜん違いますもんね。
こんどはウィルチェアーラグビーのルールをしっかりおぼえて、友だちにもレクチャーしてあげようっと!

みらいのあしあと

文・写真・編集:渋谷 みらい
取材協力:渋谷区